目次

第1章 L.S.Pontryaginの最大原理

第2章 時間遅れをもつ最的制御問題