アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

感覚情報II―化学・音・機械受容― 

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
シリーズ名情報科学講座 【B・6・2】巻
ISBN978-4-320-02015-3
判型A5 
ページ数202ページ
発行年月1968年02月
本体価格1,000円
感覚情報II 書影
感覚情報II

本書では,刺激が受容器に受容され,さらに神経線維のインパルスになるまでの転換器(transducer)としての機構を主として扱う。もちろん末端器においてすでに種々の情報処理は行われる。また,化学容器,音受容およびその他の機械受容が扱われている。

目次

第3編 化学受容
第1章 はしがき

第2章 化学受容器の構造

第3章 刺激からインパルスへの変換

第4章 刺激強度と反応の大きさ

第5章 反応の大きさを支配する2~3の要因

第6章 情報の処理

第4編 音受容
序章

第1章 音受容器

第2章 音刺激と受容器における電気変化

第3章 昆虫の聴覚

第4章 エコーローケーション

第5章 超音波分析機構

第5編 音以外の機械受容および温度受容
第1章 感覚の受容

第2章 機械的刺激の受容

第3章 温度刺激の受容