アクセスランキング

01位
生態学のための階層モデリング―RとBUGSによる分布・個体数量・種の豊かさの統計解析― 
02位
理論物理に潜む部分多様体幾何―一般相対性理論・ゲージ理論との関わり― 
03位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
04位
Pythonによるバイオインフォマティクス 原著第2版
05位
時系列解析―自己回帰型モデル・状態空間モデル・異常検知― 
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

量子論的エントロピー―情報理論の函数解析的基礎2― 

書籍情報
シリーズ名情報科学講座 【A・2・7】巻
ISBN978-4-320-02210-2
判型A5 
ページ数232ページ
発行年月1984年04月
価格3,300円(税込)
量子論的エントロピー 書影
量子論的エントロピー

前巻「確率論的エントロピー」が古典力学系の諸概念を測度論的に取り扱ったのに対して,本書では量子系の運動を念頭においた力学系へ拡張することを論題としている。

目次

第7章 信号過程の数理解析

第8章 量子論的エントロピー

第9章 相対エントロピーとWYDLU凹性

第10章 作用素凸函数と作用素エントロピー

第11章 量子論的チャンネルとエントロピー変化

第12章 その他のエントロピー

付章 数学的基礎―非可換解析を中心として―