アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

3次元CADの基礎と応用

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-02539-4
判型B5 
ページ数244ページ
発行年月1991年02月
本体価格3,000円
3次元CADの基礎と応用 書影
3次元CADの基礎と応用

商品ソフト『DESIGNBASE』をツールとして,3次元CADの実現手法と利用技術を具体的にわかり易く解説した実務書。基礎としてリソッドモデルの技術や曲線・曲面論について述べ,応用としてCGの技術や光硬化樹脂を使った加工法,構造解析の分野について解説。

目次

第1章 CAD/CAM/CAE概論

第2章 3次元CADとリソッドモデル

第3章 リソッドモデラDESIGNBASE

第4章 自由曲線

第5章 自由曲面

第6章 曲線・曲面間の干渉計算

第7章 立体変形操作

第8章 集合演算

第9章 丸め変形操作

第10章 設計支援機能

第11章 レンダリング

第12章 マスプロパティ

第13章 3次元造形法

第14章 ソリッドモデルと構造解析