プログラミングの壺 III―技術編― 

書籍情報
ISBN978-4-320-02813-5
判型A5 
ページ数256ページ
発行年月1996年06月
価格2,883円(税込)
プログラミングの壺 III 書影
プログラミングの壺 III

第I,II編に続く,ソフトウェア作成にまつわる辛口エッセイ集の第III編。プログラミングの際の数学上の視点やテクニックなどをユーモアや批判もまじえ解説。ものごとの捉え方や考え方を基にしており,一般の人々が読んでも面白く,興味深い内容。

目次

エッセイ1 四月バカ
エッセイ2 コンピュータ演算の基本
エッセイ3 浮動小数点演算
エッセイ4 無用の代物
エッセイ5 天狗になるな
エッセイ6 甘く見ると足元をすくわれる
エッセイ7 戸締りを厳重にしよう
エッセイ8 秘密を分け合う
エッセイ9 何とか生きています
エッセイ10 次善のやり方〔ほか〕

関連商品

プログラミングの壺 II―人間編― 

  • ISBN:978-4-320-02756-5
  • 判型/ページ数:A5 / 236ページ
  • 発行年月:1996年01月
  • 価格:2,883円(税込)

コンピュータソフト・ビジネスにまつわる様々な「人間」関係の対処の仕方を説くエッセイ集。随所に,ユーモアに満ちながらも鋭い知見をふんだんに披露している。

プログラミングの壺 II 書影
プログラミングの壺 II