• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook
  • 構造計画研究所

遺伝子とコンピュータ―生命の設計図をひもとく 

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
シリーズ名情報フロンティアシリーズ 【23】巻
ISBN978-4-320-02952-1
判型B6変型 
ページ数178ページ
発行年月2000年01月
本体価格1,700円
遺伝子とコンピュータ 書影
遺伝子とコンピュータ

遺伝子とは,一言でいうと,生命を形作る蛋白質の設計図を意味します。その設計図は,細胞の中にあるDNAという二重らせんの高分子に格納されているのです。DNAの中にはたくさんの遺伝子が含まれています。そして,一つの生命を実現するために必要な一そろいの遺伝子セットを「ゲノム」と呼んでいます。つまり,ゲノムとは,生命の設計図ということになるのです。いま,バイオロジーと情報処理技術が融合し,生命の秘密を解き明かそうという「ゲノム解析プロジェクト」が世界的な規模で進行しています。この生命の設計図を分子レベルですべて解読してしまおう,というわけです。これにより,難病の治療とか,植物や動物の品種改良その他,さまざまなバイオ関連産業の育成が期待されているのです。本書では,遺伝子の生命の設計図としての位置づけ,ならびにゲノム解析プロジェクトの概況について紹介し,さらに分子生物情報学で精力的に研究されている遺伝子発見,遺伝子の機能予測,タンパク質の立体構造予測,遺伝子ネットワークを中心として,この分野の最先端の内容を非常に分かりやすく紹介しております。また,巻末には付録として,大量の遺伝子関連のWebサイト一覧,および内容紹介付きの参考文献を配して,読者の便宜を図っております。

目次

はじめに

1章 生命の設計図

2章 ゲノム解析プロジェクト

3章 遺伝子発見

4章 遺伝子の機能予測

5章 タンパク質の立体構造予測

6章 遺伝子ネットワーク

おわりに

付録 遺伝子解析に有用なWWWサイト