オブジェクト指向ソフトウェアテスト技法 ―リスク管理への技術的アプローチ―

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-02983-5
判型A4変型 
ページ数424ページ
発行年月2000年06月
本体価格5,800円
オブジェクト指向ソフトウェアテスト技法 書影
オブジェクト指向ソフトウェアテスト技法

従来の,再利用性の拡大,ソフトウェア品質向上,そして開発コスト削減を目指した手続き的アプローチとは異なる,新しいオブジェクト指向テストへのアプローチを解説。また,オブジェクト指向テストシステムと,そのオブジェクト,環境,ルーツ,手続きを規定し,それらを用いてオブジェクト指向開発の工数を最適化するための方法を述べている。
(「bit」別冊を単行本に改装発行)

目次

第1部 本書の読み方
1章 ものはすべてシステムである
2章 オブジェクトのシステム
3章 オブジェクトロードマップ
4章 クラス分類
5章 事例:欠陥追跡システムの要求文書

第2部 プロセスシステム
6章 最適化へのアプローチ
7章 ソフトウェア開発ライフサイクル

第3部 テストシステム
8章 階層的アプローチ
9章 テスト環境
10章 テストリポジトリ
11章 階層的漸増テストスイート
12章 条件テストスイート
13章 統合テストスイート
14章 システムコンポーネントテストスイート
15章 回帰テストスイート
16章 テスト評価
17章 テスト標準

第4部 ソフトウェア開発システム
18章 開発文書
19章 技術審査
20章 ソフトウェアコンポーネント
21章 開発環境

第5部 プロジェクトシステム
22章 プロジェクト文書
23章 プロジェクト計画
24章 プロジェクト環境