物理学最前線 5

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
シリーズ名物理学最前線 全31巻 【5】巻
ISBN978-4-320-03187-6
判型A5 
ページ数204ページ
発行年月1983年10月
本体価格1,800円
物理学最前線 5 書影
物理学最前線 5

素粒子のカイラル対称性―U(1)問題をめぐって 河原林研:著
陽電子を用いた表面研究 谷川庄一郎:著
近藤効果 芳田奎:著

目次

素粒子のカイラル対称性―U(1)問題をめぐって=河原林研:著
1章 序

2章 ハドロンの力学―量子色力学

3章 カイラル対称性の実現

4章 U(1)問題

5章 展望

陽電子を用いた表面研究=谷川庄一郎:著
1章 陽電子消滅

2章 陽電子を用いた表面研究

3章 新しい表面解析法

近藤効果=芳田奎:著
1章 はじめに

2章 局在スピンの発生とアンダーソン模型

3章 局在スピンによる電気抵抗―近藤効果

4章 高温からのアプローチ

5章 基底状態の理論

6章 アンダーソン直交定理と軟X線

7章 ウィルソンの理論

8章 アンダーソンハミルトニアンの摂動理論

9章 近藤効果の厳密解