• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

複雑系としての情報システム

書籍情報
シリーズ名複雑系叢書 全7巻 【4】巻
ISBN978-4-320-03448-8
判型A5 
ページ数260ページ
発行年月2007年07月
本体価格3,500円
複雑系としての情報システム 書影
複雑系としての情報システム

1980年代に始まった現在の複雑系研究の流れは,自然科学,工学,人文社会科学,数学などの広範な分野に及んでいる。『複雑系叢書』は,各分野のフロンティアで活躍している専門家がそれぞれの立場から,現象,実験,技術,理論,方法論,あるいは論理,歴史や思想などの「複雑系の問題」を,専門家どうしでも議論の輪が広がるように,また専門外の読者にもわかるよう,できるだけ平易な言葉で論じながら「グローバルな知」を探求するシリーズ。
第4巻では,複雑さときわめて深い関係にある情報の概念と,仕組みに関する科学であるシステム論からいくつかの話題をとりあげる。情報・システムは従来の縦割り的な科学体系を横につなぐ概念として,複雑系という新しい領域を切り開く際に有効な手段を与えてくれるだろう。

目次

システムにおけるでたらめさの効用…橋本周司

情報と複雑系…木ノ内康夫・小宮山 隆

複雑さの尺度―情報論的エントロピーと統計力学的エントロピー―…吉川 昭

組織化された複雑系システムの動特性解析―人工市場を対象に―…貝原俊也

複雑系と通信…梅野 健