• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

統計熱力学の基礎

書籍情報
ISBN978-4-320-03456-3
判型菊 
ページ数472ページ
発行年月2008年07月
本体価格6,500円
統計熱力学の基礎 書影
統計熱力学の基礎

 熱力学的視点と統計力学的視点の両方が身につくように“熱統計力学を学びつくせる1冊”となる書籍を目指した。“読めばわかる”くらいに懇切丁寧に,ページ数にこだわらず,深く掘り下げて議論し,米国のテキストに見られる,じっくりと自習できる書き方をしている。数学の学力が落ちている現状から,本文中での式の導出を詳しく行い,かつ,統計熱力学で必要な数学を付録で解説し,数式が物理的概念の理解の妨げにならないよう,丁寧な記述を心がけた。これは,本書が扱う統計熱力学のみならず,物理学に必要な数学を学ぶことが,基本的な物理概念を正しく掴むことをより容易とし,後で応用する際にも役立つことを目的としている。さらに洋書を読む際の助けとして,専門用語には,英訳を付し,読者の便宜を図った。学部学生に向けては,「物理系コースの大学院に進むには,これだけは身につけていてほしい」,また,物理系の大学院修士の院生に向けては,「修士課程の院生ならば,この内容は理解してほしい」という姿勢で執筆を行った。内容構成は,大学2年次の「熱力学」(1~2章)から3年次の「統計力学」(3~14章),そして4年次から修士課程で扱う「統計熱力学の応用」(15章以降)となっている。熱力学・統計力学とその応用事例を体系的に網羅し,現在の細切れのカリキュラム向けのテキストと短い講義時間では説明し尽せない内容を取り上げ,物理的概念が理解できるよう深く議論を行っている。

目次

○ 物理定数と数学記号

第1章 状態方程式,熱力学の第1法則と第2法則

第2章 エントロピーと熱力学的関係式

第3章 統計力学とマクロな理論

第4章 統計集団とLiouvilleの定理

第5章 統計的平衡と一様集団

第6章 Gibbs集団

第7章 古典的ミクロカノニカル集団

第8章 古典的カノニカル集団

第9章 古典的グランドカノニカル集団

第10章 Gibbs集団の熱力学等価性

第11章 量子力学と確率

第12章 量子統計力学の基礎

第13章 量子的カノニカル集団

第14章 量子的グランドカノニカル集団

第15章 量子統計の古典的極限

第16章 古典統計力学の適用可能性

第17章 分配関数のクラスター展開と摂動展開の方法

第18章 金属の自由電子とFermi液体

第19章 静磁場中の自由電子

第20章 Bose気体とBose-Einstein凝縮

第21章 第2量子化と運動方程式の方法

付録A 本書で用いた記号一覧表

付録B 熱力学的諸量,微視的状態数,確率分布関数,分配関数の関係

付録C 数学公式

付録D Lagrangeの未定乗数法

付録E 鞍部点法

付録F Liouvilleの定理と証明

付録G 状態密度の導出