力学講義ノート

書籍情報
ISBN978-4-320-03458-7
判型B5 
ページ数128ページ
発行年月2009年03月
本体価格1,500円
力学講義ノート 書影
力学講義ノート

 本書は,著者らの工業大学におけるこれまでの教育経験をもとに,工科系学生が初学年次に学習する力学の教科書として執筆したものである。現在,工科系学生の入学時における物理,数学の学習歴の違いは非常に大きい。本書はこの状況に対応できるように,

 ・取り上げる内容を,力学の学問としての流れを理解するうえで必要最小限に限定する。
 ・その限定された範囲内では,科学的にできるだけ正確な記述を心がける。
 ・編成されたクラスの状況にしたがって,話題をさらに限っても,授業が構成できるようにする。
 ・必要な数学的な知識を,必要な段階で本文中に記述する。
 ・傍注を活用し,多くの図版とコメントを入れるなど,理解しやすいようにする。

などの配慮を払った。そして,学生がそれぞれの専攻分野の基礎学問として力学を修得するとともに,力学の学習を通じて,科学的な思考を身につけることを目指した。

目次

第1章 はじめに
1.1 力学とは
1.2 物理量と数学的表現
1.3 物理量と単位
1.4 講義ノートの構成

第2章 力とベクトル
2.1 力とベクトル
2.2 力とその性質

第3章 物体の運動
3.1 物体の並進運動
3.2 基準系と運動の表現
3.3 直線運動の速度,加速度
3.4 平面運動とベクトル
3.5 平面運動における速度と加速度

第4章 運動の法則
4.1 運動の法則
4.2 運動方程式と一般解
4.3 初期条件と具体解

第5章 簡単な運動
5.1 重力による運動
5.2 抵抗力がある場合の運動
5.3 復元力による運動
5.4 束縛力を受けて行う運動

第6章 単位と次元
6.1 単位
6.2 次元と次元解析

第7章 力学的エネルギー保存則
7.1 仕事と運動エネルギー
7.2 保存力と位置エネルギー
7.3 力学的エネルギー保存則

第8章 運動量と角運動量
8.1 運動量と運動量保存則
8.2 角運動量と角運動量保存則

第9章 剛体の運動
9.1 粒子系とその運動
9.2 剛体とその運動