• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

ファンダメンタル物理学―電磁気・熱・波動― 

こちらの書籍は旧版です。最新版はファンダメンタル物理学 ―電磁気・熱・波動― 第2版となります。

書籍情報
ISBN978-4-320-03460-0
判型B5 
ページ数176ページ
発行年月2009年09月
本体価格2,200円
ファンダメンタル物理学 書影
ファンダメンタル物理学

 本書は理工学部生の基礎教育で学ぶ学生を想定して書かれたもので,物理学の重要な分野である電磁気,熱,波動を学ぶものである.実際の授業での経験から,学生の反応および担当者の意見を聞き,参考にしながら教科書としての本文や例題,演習問題のレベル設定を行った.執筆方針として以下の項目を設定した。
(1) 習熟度に4段階程度の幅を想定し,習熟度が異なる全ての学生に対して一冊で対応できるよう配慮
(2) 本書の内容をセメスタ(15回の授業(講義1コマ,演習1コマ))で一冊が終了できるよう選定
(3) 例題と問題を見開きのページに配置し,学ぶ項目,解くべき問題を明確化
(4) 例題に対応した演習問題を解くことにより,理解度を高め,記憶に留めるよう配慮
(5) 高校の内容程度から授業を導入し,大学のレベルの達成度を設定
これらにより,学習者の習熟度に関わらず,基本事項は本文と例題全てを授業で扱うことにより理解度を確認しながら学習でき,演習問題A(基本)を自ら実際に解くことで十分に内容の理解ができた上,基礎教育の達成目標に到達することができるようにした。演習問題B(応用)は習熟度が上位クラスの学生を想定した問題で,より深い内容について学習できるようにした。これらは授業の流れの中でも十分に行うことができるが,学生が授業前後の予習と復習においても本書の内容を理解できるように配慮した。

目次

第1章 波を表す式
1.1 波とは
1.2 波を表す式

第2章 波の重ね合わせの原理
2.1 波の重ね合わせ
2.2 波の干渉
2.3 定常波
2.4 波の反射

第3章 気体分子の熱運動
3.1 分子の集合体としての気体の性質
3.2 分子の運動エネルギーと圧力・運動速度
3.3 気体の内部エネルギー

第4章 熱力学第1法則
4.1 熱平衡
4.2 比熱
4.3 熱力学第1法則
4.4 準静的過程と外力がする仕事
4.5 理想気体におけるいろいろな状態変化
4.6 熱機関

第5章 電荷とクーロンの法則
5.1 電荷と電気素量
5.2 クーロンの法則
5.3 帯電のメカニズム

第6章 電場
6.1 電荷の作る電場
6.2 電気力線束
6.3 ガウスの法則

第7章 電位
7.1 電位の概念
7.2 電位の求め方
7.3 等電位線と等電位面
7.4 キャパシター

第8章 オームの法則とキルヒホッフの法則
8.1 電流と起電力
8.2 オームの法則
8.3 キルヒホッフの法則

第9章 電流が作る磁場
9.1 磁気力と磁場
9.2 電流がつくる磁場

第10章 電流が受ける磁気力
10.1 磁場中を流れる電流に作用する力
10.2 電流間に作用する力
10.3 磁場中を運動する荷電粒子に働く力

第11章 電磁誘導
11.1 電磁誘導
11.2 磁場中を運動する回路に生じる起電力