アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

磁性の電子論

書籍情報
シリーズ名マグネティクス・ライブラリー 【2】巻
ISBN978-4-320-03469-3
判型A5 
ページ数356ページ
発行年月2010年08月
本体価格5,000円
磁性の電子論 書影
磁性の電子論

日本磁気学会 平成25年度 出版賞受賞

物質の磁性の起源は電子系の量子的多体効果にあり,その記述は今日でも決して平易ではない。このため,磁性理論は一般に,極端に簡素化された模型の下で数学を駆使した抽象論あるいは定性的議論になることが多く,現実の物質,特に実用材料の磁気特性の議論にまで踏み込むことは少なかった。一方,このような多体問題とは異なるアプローチとして,密度汎関数理論の進展と計算機の発達の下で,1電子状態から実際の物質の磁気特性を定量レベルで評価する技術(第一原理計算とよばれている)が長足の発展をなしてきた背景がある。このアプローチが磁性体の基底状態に関して一定の成功を収めてきたことは衆目の一致するところであるが,前述のような簡素な模型を用いて築き上げられてきた磁性理論との折り合いをどうつければいいかはそれほど明らかではなく,この点に関してわかりやすく書かれた書物はあまり見当たらない。実際,筆者もこれら二つのアプローチが示す磁性の風景にギャップを感じることがあり,混乱する学生が多いことも事実である。
 そこで,電子論という共通の視点からこれら二つのアプローチが指し示す磁性を,それぞれの特徴を損なうことなく同じ土俵で論じることができれば,学生や初学者にとって今日的な意味での磁性物理学のいい見取り図になるのではないか,と考えた。
 本書の前半では,遍歴電子系の簡単な模型から物質の磁性や磁気構造,特に交換相互作用が電子論的立場からどのように理解されるかについて概説し,後半で,有限温度におけるスピンの揺らぎの扱いや磁気異方性の起源などについて説明した。
(序文より一部抜粋)

目次

第1章 磁場中の電子の運動

第2章 原子の磁気モーメント

第3章 磁気秩序

第4章  実効的交換相互作用

第5章 動的スピン帯磁率とスピン波

第6章 有限温度におけるスピン揺らぎの理論

第7章 結晶磁気異方性

第8章 磁性体の電子状態の第一原理計算

付録 ―固体電子論の基礎―

引用文献

参考文献

索引

関連商品

磁気イメージングハンドブック

  • ISBN:978-4-320-03468-6
  • 判型/ページ数:A5 / 440ページ
  • 発行年月:2010年09月
  • 本体価格:6,000円

磁気イメージングは磁気情報を可視化する技術であり,超高密度磁気記録材料などのナノ磁性体の観察から,電磁鋼板などのマクロな領域での観察まで幅広く用いられている。本書ではミクロからマクロまでの領域で代表的・・・

磁気イメージングハンドブック 書影
磁気イメージングハンドブック

磁気工学入門―磁気の初歩と単位の理解のために― 

  • ISBN:978-4-320-08587-9
  • 判型/ページ数:A5 / 132ページ
  • 発行年月:2008年09月
  • 本体価格:2,800円

日本磁気学会 平成23年度 出版賞受賞

新機軸の研究対象と基礎的要素を結びつける教科書として日本磁気学会により編集されたシリーズ。第1巻では磁気工学を学ぶうえで基本となる概念から単位換算にいたる実用的な範囲まで丁寧な解説を行う。演習問題,単・・・

磁気工学入門 書影
磁気工学入門

スピントロニクス―基礎編― 

  • ISBN:978-4-320-08589-3
  • 判型/ページ数:A5 / 294ページ
  • 発行年月:2010年08月
  • 本体価格:3,800円

新機軸の研究対象と基礎的要素を結びつける教科書として日本磁気学会により編集されたシリーズ。 近年,電子のもつ特性をさらに活用し,新しい機能を実現させる「スピントロニクス」という分野が確立された。第3・・・

スピントロニクス 書影
スピントロニクス