新・走査電子顕微鏡

書籍情報
ISBN978-4-320-03473-0
判型B5 
ページ数576ページ
発行年月2011年06月
本体価格14,000円
新・走査電子顕微鏡 書影
新・走査電子顕微鏡

本書は,2000年に刊行された「走査電子顕微鏡」(日本顕微鏡学会関東支部会編)の改訂版である。「走査電子顕微鏡」は我が国における走査電子顕微鏡の教科書として,あるいはこの顕微鏡を用いる研究者の知識レベルの向上に貢献してきた。しかし,初版の刊行からはや11年の歳月がたち,この間に走査電子顕微鏡の装置を取り巻く環境や学会を取り巻く環境も大きく変化した。具体的には,コンピュータ導入による画像のデジタル記録や装置の構成の変化,そのほか電子光学系や検出器などについてもさまざまな進展がみられ,高分解能観察,低真空観察,極低加速観察など,いくつかの分野において著しい進歩がみられてきている。そこで,今回の改訂ではこれらの事項について大幅な加筆訂正をし,全面的な更新を行った。

目次

第1章 走査電子顕微鏡の原理と構成
1.1 走査電子顕微鏡の歴史
1.2 走査プローブの形成
1.3 信号と検出器

第2章 像のコントラストの形成
2.1 像のコントラストの形成
2.2 走査電子顕微鏡の分解能

第3章 走査電子顕微鏡の調整と像取得・表示・保存
3.1 走査電子顕微鏡の操作法
3.2 走査電子顕微鏡像の取得・表示・保存
3.3 走査電子顕微鏡の像障害

第4章 走査電子顕微鏡の多様な機能と周辺装置
4.1 走査電子顕微鏡の多様な機能
4.2 走査電子顕微鏡による分析
4.3 画像処理技術
4.4 試料周辺装置
4.5 走査電子顕微鏡に関連した特殊な顕微鏡

第5章 生物科学への応用
5.1 生物試料の基本処理法
5.2 種々の試料技術
5.3 試料別応用
5.4 生の試料の観察法
5.5 特殊な観察法

第6章 材料科学への応用
6.1 試料作製技術
6.2 金属材料への応用
6.3 セラミックスへの応用
6.4 炭素材料への応用
6.5 半導体への応用
6.6 高分子材料への応用
6.7 磁性材料への応用

文献
付録
索引