アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

化学におけるランダムプロセス

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
シリーズ名共立化学ライブラリー 【9】巻
ISBN978-4-320-04072-4
判型A5 
ページ数206ページ
発行年月1974年08月
本体価格1,500円
化学におけるランダムプロセス 書影
化学におけるランダムプロセス

確率過程が化学の理論においてもつ意味を,興味深いトピックスを織りまぜ平易に記述した。

目次

第1章 ランダムネス

第2章 高分子鎖の配置

第3章 固体のオーダー・ディスオーダー

第4章 化学反応の確率過程論

第5章 緩和と応答の理論