• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

人間・環境・安全―くらしの安全科学― 

書籍情報
ISBN978-4-320-04375-6
判型A5 
ページ数248ページ
発行年月2005年03月
本体価格2,400円
人間・環境・安全 書影
人間・環境・安全

著者らは1994年8月「人間・環境・地球-化学物質と安全-」を刊行し,第3版まで版を重ねたが,その間,環境を良くするには「安全」の思想が極めて重要であることを痛感した。
 本書は,全面的に「くらしの安全科学」を中心に第1章「水の安全」,第2章「空気の安全」,第3章「食の安全」,第4章「化学物質の安全」,第5章「地球環境の安全」そして第6章を「エネルギーと資源循環」の章立てで記述したものである。
 20世紀,人類が獲得した最高のものは科学の進歩と,それによる技術革新であった。新技術によって生み出された物質やIT技術は,人々のライフスタイルを大きく変え,生活の「豊かさ」,「便利さ」と「快適さ」を存分に味わえる社会を築き上げてきた。また,食糧生産技術,保存・輸送技術は,私たちが飽食を享受するのに不足はなかった。しかし,経済性優先の中で大量生産と大量消費が加速され,世界のエネルギー資源と鉄や亜鉛,鉛など多くの鉱物資源の枯渇を目前にする結果となった。そして私たちは消費された残りを廃棄物として大量に環境中に排出した。
 私たちが化学物質のもっている有用性と有害性の「両刃(もろは)の剣(つるぎ)」の二面性を忘れ,そのプラスの面だけみて走った帰結なのである。その結果が地域のみならず世界規模での環境汚染をもたらした。
 一方,我が国の20世紀は経済性と効率性が優先し「安全」の精神が欠落した世紀でもあった。それに起因すると考えられる環境汚染,化学物質事故や食品事故も少なくない。
 このような背景から,21世紀の社会のキーワードは「安全」であらねばならないと考える。そのためには教育の中に科学の安全,技術の安全,くらしの安全,そして安全な環境を根幹とする考え方を成熟させなければならない。
 そして環境革命の21世紀といわれる今,「安全」の精神が徹底した時,環境革命も大きく前進するであろう。

目次

1章 水の安全
1.1 水資源
1.2 水環境の今
1.3 飲料水の安全

2章 空気の安全
2.1 空気の組成
2.2 大気環境基準と汚染の現状
2.3 大気汚染の状況と経年変化
2.4 室内空気の汚染と健康
2.5 悪臭と悪臭防止法

3章 食の安全
3.1 食品安全基本法
3.2 食品添加物と安全性
3.3 食品に含まれる有害性物質と安全
3.4 わが国の食糧事情,自給率について
3.5 遺伝子組換え農作物と安全性

4章 化学物質と安全
4.1 化学物質のリスクアセスメント
4.2 化学物質による環境汚染
4.3 ダイオキシン類の生成と毒性
4.4 外因性内分泌撹乱化学物質
4.5 化学物質の規制制度
4.6 特定化学物質の環境への排出量の把握等および管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)

5章 地球環境の安全
5.1 地球温暖化
5.2 オゾン層破壊
5.3 酸性雨

6章 エネルギー問題と安全
6.1 人類誕生とエネルギー消費
6.2 化石燃料の埋蔵量および可採年数
6.3 新エネルギー
6.4 わが国のエネルギー事情とエネルギー政策基本計画

索引

関連商品

人間・環境・地球―化学物質と安全性― 第3版

  • ISBN:978-4-320-04356-5
  • 判型/ページ数:A5 / 286ページ
  • 発行年月:2000年52月
  • 本体価格:2,900円

 本書は,化学物質がもたらす種々の環境問題について解説した書である。1994年初版発行以来好評を博している環境のテキスト,参考書である。  今回第3版を刊行したのは従来の内容に加えて,産業廃棄物や感・・・

人間・環境・地球 書影
人間・環境・地球