高分子材料化学

書籍情報
ISBN978-4-320-04383-1
判型A5 
ページ数158ページ
発行年月2009年09月
本体価格2,200円
高分子材料化学 書影
高分子材料化学

 1926年にドイツのシュタウディンガーが高分子説を提唱して以来すでに80年が経過した。人の世代交代も3世代目に入っており,高分子に対する見方も当初の頃から大きく様変わりした。高分子は今やどこにでもある材料である。
 「高分子とは何か」というような,大上段からの議論よりも,まずは高分子の全体像を知識として吸収してから,徐々に詳しい議論をしてゆく方が現在置かれている高分子の状況をよく理解できるのではなかろうか。本書はまず高分子の概要を工学部の学生に理解していただくことを念頭に置いて執筆した。
 また,高分子を扱っている技術者は工業のあらゆる分野に及んでいるのが現状である。これらの方々にもまずは高分子の全体像を把握してもらうのに本書は役立つのではないかと考えている。
(「まえがき」より抜粋)

目次

第1章 高分子概論

第2章 合成法

第3章 性質

第4章 表面の性質と改質

第5章 高分子の種類と用途

第6章 天然高分子

第7章 添加剤

第8章 成形法