アクセスランキング

01位
生態学のための階層モデリング―RとBUGSによる分布・個体数量・種の豊かさの統計解析― 
02位
理論物理に潜む部分多様体幾何―一般相対性理論・ゲージ理論との関わり― 
03位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
04位
Pythonによるバイオインフォマティクス 原著第2版
05位
時系列解析―自己回帰型モデル・状態空間モデル・異常検知― 
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

有機質量分析

書籍情報
シリーズ名分析化学実技シリーズ 全30巻 機器分析編 【16】巻
ISBN978-4-320-04385-5
判型A5 
ページ数176ページ
発行年月2009年11月
価格2,970円(税込)
有機質量分析 書影
有機質量分析

・ 質量分析を有機化合物の構造研究に汎用される一手法として、基礎から応用まで広範囲に解説。
・ 実際に用いられている先端装置を実例として各部分の基本原理を詳しく説明。
・ 質量分析の応用に関し、低分子化合物から生体高分子までをカバー。
・ 専門書では理解しにくいハードウェアーの論理的説明を優しくかみ砕いて解説。

目次

Chapter1 序論なぜ質量分析なのか?

Chapter2 イオン化装置

Chapter3 質量分析部の構造

Chapter4 構造解析への応用

Chapter5 質量分析の実際と技術展開

Chapter6 複合(hyphenated)質量分析

Chapter7 不安定分子への応用

Chapter8 生体質量分析

付録 C, H, N, Oを組成とする分子の式質量