メタセシス反応

書籍情報
シリーズ名化学の要点シリーズ 【2】巻
ISBN978-4-320-04407-4
判型B6 
ページ数112ページ
発行年月2012年01月
本体価格1,500円
メタセシス反応 書影
メタセシス反応

 合成化学の一手段として今後さらに利用・発展することが期待される分野であるメタセシス反応。本書は有機化学の基礎的な部分をすでに学んだ学部学生の方を対象に書き記されており,この分野の基礎を学ぶのに最適な1冊となっている。
 図による解説とともに,第一線の研究者が執筆にあたっているコラムでは,具体例や関連する最先端の研究事例が多数紹介されている。

目次

第1章 メタセシス反応とは

第2章 二重結合どうしのメタセシス反応(オレフィンメタセシス,アルケンメタセシス)
2.1 分子内二重結合どうしのメタセシス反応―環状化合物の合成
2.2 分子間二重結合のメタセシス反応(クロスオレフィンメタセシス)
2.3 環状化合物の開閉環メタセシス反応
2.4 触媒的不斉オレフィンメタセシス

第3章 二重結合と三重結合の間でのメタセシス反応(エン-インメタセシス)
3.1 分子内の二重結合と三重結合の間でのメタセシス反応による環状化合物の合成
  3.1.1 分子内にアルケンとアルキンを持つ化合物のメタセシス反応
  3.1.2 分子内の2 個のアルケンと1個のアルキンを持つ化合物のメタセシス反応
3.2 分子間の二重結合と三重結合とのメタセシス反応を利用したジエンの合成(クロスエン―インメタセシス)
3.3 アルキンを側鎖に持つシクロアルケンの開閉環メタセシス

第4章 三重結合どうしのメタセシス反応(アルキンメタセシス)
4.1 アルキンメタセシスとは
4.2 閉環アルキンメタセシスによる環状化合物の合成

参考文献
索引