高分子膜を用いた環境技術

書籍情報
シリーズ名最先端材料システムOne Point 全10巻 【6】巻
ISBN978-4-320-04430-2
判型B6 
ページ数114ページ
発行年月2012年05月
本体価格1,700円
高分子膜を用いた環境技術 書影
高分子膜を用いた環境技術

 まず第1章で膜とは何か,膜の歴史や様々な膜機能を概説した後、第2章以降では高分子膜が利用されている環境技術分野を7つに分類して解説している。温室効果ガスである二酸化炭素や揮発性有機化合物(VOC)の排出量削減,水処理,イオエタノールの濃縮,燃料電池,水素の精製,燃料電池電解質膜,有機ELや太陽電池に利用されているバリア膜等,高分子膜にかかわる幅広い分野を包括的に取り上げている。これから高分子膜を用いた環境産業分野を勉強する企業の若手社員や大学生・大学院生の入門書としても最適である。

目次

第1章 環境技術を支える高分子膜

第2章 二酸化炭素の分離・回収

第3章 揮発性有機化合物(VOC)の分離・回収

第4章 水処理技術

第5章 バイオエタノールの濃縮

第6章 水素ガス精製

第7章 燃料電池への応用

第8章 有機ELや太陽電池への応用