フォトクロミズム

書籍情報
シリーズ名最先端材料システムOne Point 全10巻 【8】巻
ISBN978-4-320-04432-6
判型B6 
ページ数122ページ
発行年月2012年05月
本体価格1,700円
フォトクロミズム 書影
フォトクロミズム

 フォトクロミズムの研究の世界で日本の立場は圧倒的である。研究者層の厚み,発表される研究内容のレベルの高さとその数を考えると,世界一と言って良い。フォトクロミズムは非常に懐が広く,この現象を示す物質の種類は無機物から有機物,有機金属化合物,生体物質など,非常に多い。
 本書ではフォトクロミズムの概説から入り,代表的なフォトクロミック化合物のファミリーについて,日本を代表する研究者がその魅力を語った。夢溢れるフォトクロミズム研究の醍醐味の一端を味わっていただきたい。

目次

第1章 フォトクロミズム

第2章 ジアリールエテン:20世紀・21世紀を代表する日本発のフォトクロミック化合物

第3章 アゾベンゼン:染料から生まれたフォトクロミック化合物

第4章 ヘキサアリールビスイミダゾール:もう一つの日本発のフォトクロミック化合物

第5章 スピロピラン:大きな構造変化と電子状態変化

第6章 ナフトピラン化合物:自動調光レンズのために生まれた化合物