アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

マイクロ流体分析

書籍情報
シリーズ名分析化学実技シリーズ 全30巻 機器分析編 【19】巻
ISBN978-4-320-04459-3
判型A5 
ページ数156ページ
発売予定2020年10月29日
本体価格2,900円
マイクロ流体分析 書影
マイクロ流体分析

新刊

 マイクロタス(μ-TAS)やラボオンナチップ(Lab on a Chip)などと呼ばれるマイクロ流体分析は,微量サンプルを迅速・簡便・精密に分析する技術として利用されている。既存分析技術の小型化はもとより,新しい分析技術として現在進行形で発展している。
 本書は,マイクロ流体分析の基本から応用までを初学者にもわかりやすいようにやさしく紹介する。マイクロ流体デバイスの作製法や,バイオ分析,湿式分析,クロマトグラフィーなどのこれまでにもある分析技術とマイクロ流体分析技術は何が違うのか,生体模倣デバイスや紙チップをはじめとする新しいマイクロ流体分析技術など,この分野の技術動向が把握できるようになっている。そのためマイクロ流体分析になじみのない分析化学者・技術者やマイクロ流体分析に興味のある他分野の方にも,マイクロ流体分析の入門書として適している。

目次

Chapter 1 序論

Chapter 2 マイクロ流体デバイスの作製法

Chapter 3 バイオ分析

Chapter4 湿式分析

Chapter5 マイクロチップクロマトグラフィー

Chapter6 最近の話題