アクセスランキング

01位
生態学のための階層モデリング―RとBUGSによる分布・個体数量・種の豊かさの統計解析― 
02位
理論物理に潜む部分多様体幾何―一般相対性理論・ゲージ理論との関わり― 
03位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
04位
Pythonによるバイオインフォマティクス 原著第2版
05位
時系列解析―自己回帰型モデル・状態空間モデル・異常検知― 
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

化学センサ・バイオセンサ

書籍情報
シリーズ名分析化学実技シリーズ 全30巻 応用分析編 【2】巻
ISBN978-4-320-04460-9
判型A5 
ページ数230ページ
発売日2021年02月27日
価格3,190円(税込)
化学センサ・バイオセンサ 書影
化学センサ・バイオセンサ

新刊

 化学センサやバイオセンサは,目的物質を測るデバイスであり,環境,医療,食品など様々な分野で利用され,私たちは知らぬ間にセンサのお世話になっている。センサと一括りに呼ばれているにもかかわらず,目的物質や用途,環境に応じて機構が異なるため原理や構成は多岐にわたっており,まさにセンサ万別である。センサを取り扱う専門書は多くあるが,基礎と実用とのギャップの解説は他の専門書などに委ねられている場合が多く,センサを理解するためには独自に情報収集し,学習する必要があった。
 本書では,基礎から応用,実用技術に至るまでの多岐に渡る内容をできるだけ効率よく学習できるように工夫した。また,多くの読者が理解しにくいと感じる理論,技術に関しては図表を用いるなど,丁寧に解説することも心がけた。特に,イオンセンサ,血糖値センサや衛生管理用センサ,味覚センサについて実例を挙げて解説した。

目次

Chapter 1  センサ序論

Chapter 2  化学センサ

Chapter 3  バイオセンサの基礎

Chapter 4  トランスデューサー

Chapter 5  バイオレセプターの固定化技術

Chapter 6  バイオセンサで使用される基礎技術および材料

Chapter 7  バイオセンサの種類と用途

Chapter 8  実用化されたバイオセンサ