大学生のための例題で学ぶ化学入門 第2版

書籍情報
ISBN978-4-320-04496-8
判型A5 
ページ数224ページ
発売日2021年10月14日
価格2,640円(税込)
大学生のための例題で学ぶ化学入門 書影
大学生のための例題で学ぶ化学入門

新刊

 化学は,物質の成り立ちとその構造,性質および変化について原子や分子に着目して調べるとともに,物質を私たちの暮しに安全かつ有意義に役立てることを目指す学問である。
 本書は,化学を学ぶ機会をほとんど得ずに大学に入学した新入生,あるいは就職した社会人を念頭におき,化学のエッセンスを効率的に学ぶことができるよう簡潔にまとめた,好評テキストの改訂版である。初版同様に,物理化学,無機化学,有機化学の各分野を専門とする3名の著者が協力し,議論を重ねて内容を精選するとともに例題をバランスよく導入することによって,化学の基本が着実に身に着くように努めている。
 今回の改訂では,化学の新しい発展事項へのつながりができるだけ向上するよう記述の改善につとめた。また,物質量の定義の変更,12族の元素の取扱い,エネルギー変化のエンタルピー変化による記述,体積の単位の表記におけるLの採用など,用語の定義や表記などについてのIUPACや日本化学会からの種々の勧告を踏まえて,多数の修正を加えた。

目次

第1章 物質の構造

第1節 物質の構成要素
1.1 元素・単体・化合物
1.2 原子と分子
1.3 原子の構造
1.4 原子の電子配置
1.5 イオン
1.6 元素の性質と周期性

第2節 化学結合
2.1 イオン結合
2.2 共有結合
2.3 分子間力と水素結合
2.4 金属結合

第3節 化学量論
3.1 原子量・分子量・式量
3.2 物質量
3.3 化学反応式


第2章 物質の状態

第1節 物質の状態変化と粒子の運動
1.1 物質の三態
1.2 物質の状態と粒子の運動
1.3 気体の圧力と蒸気圧
1.4 蒸発熱・融解熱と沸点・融点

第2節 気体
2.1 気体の性質と絶対温度
2.2 気体定数と状態方程式
2.3 理想気体と実在気体
2.4 混合気体

第3節 溶液
3.1 溶解のしくみ
3.2 溶液の濃度と溶解度
3.3 希薄溶液の性質

第4節 コロイド
4.1 コロイド粒子
4.2 コロイド溶液の性質
4.3 疎水コロイドと親水コロイド


第3章 物質の変化

第1節 化学反応と熱
1.1 物質の変化とエネルギー
1.2 熱化学の反応式
1.3 ヘスの法則
1.4 結合エネルギー

第2節 酸と塩基の反応
2.1 酸性と塩基性
2.2 酸と塩基
2.3 酸・塩基の価数と強さ
2.4 水素イオン濃度とpH
2.5 中和反応と中和滴定
2.6 塩の種類と加水分解

第3節 酸化還元反応
3.1 酸化と還元
3.2 酸化・還元と酸化数
3.3 酸化剤・還元剤とその働き
3.4 金属のイオン化傾向
3.5 電池
3.6 電気分解
3.7 ファラデーの法則

第4節 化学反応の速さと化学平衡
4.1 化学反応の速さ
4.2 反応のしくみと活性化エネルギー
4.3 化学平衡
4.4 化学平衡の移動
4.5 電離平衡と電離定数


第4章 単体と無機化合物

第1節 周期表と元素の分類
1.1 電子配置と周期表の構成
1.2 元素の分類

第2節 典型元素
2.1 1族:水素(H)とアルカリ金属元素(Li,Na,K,Rb,Cs,Fr)
2.2 2族:アルカリ土類元素(Be,Mg,Ca,Sr,Ba,Ra)
2.3 13族元素:B,Al,Ga,In,Tl
2.4 14族元素:C,Si,Ge,Sn,Pb
2.5 15族元素:N,P,As,Sb,Bi
2.6 16族元素:O,S,Se,Te,Po
2.7 17族元素:ハロゲン族元素(F,Cl,Br,I,At)
2.8 18族元素:貴ガス族元素(He,Ne,Ar,Kr,Xe,Rn)

第3節 遷移元素
3.1 遷移元素イオンによる金属錯体の形成
3.2 第4周期の遷移元素(ScからZnまで),11族元素(Cu,Ag,Au)および12族元素(Zn,Cd,Hg)
3.3 ランタノイド
3.4 アクチノイド


第5章 有機化合物

第1節 有機化合物の特徴と分類
1.1 有機化合物の特徴
1.2 有機化合物の構造
1.3 有機化合物の分類
1.4 異性体

第2節 脂肪族炭化水素
2.1 飽和炭化水素
2.2 不飽和炭化水素

第3節 酸素を含む脂肪族化合物
3.1 アルコール
3.2 エーテル
3.3 カルボニル化合物
3.4 カルボン酸
3.5 エステルと油脂

第4節 芳香族化合物
4.1 芳香族炭化水素
4.2 酸素を含む芳香族化合物
4.3 窒素を含む芳香族化合物


第6章 高分子化合物

第1節 高分子化合物の特徴と分類
1.1 高分子化合物の特徴
1.2 高分子化合物の分類
1.3 高分子化合物の構造

第2節 天然高分子化合物
2.1 糖類
2.2 タンパク質
2.3 核酸

第3節 合成高分子化合物
3.1 合成樹脂
3.2 合成繊維
3.3 ゴム