東北地方

書籍情報
シリーズ名日本の地質 全9巻+別巻 【2】巻
ISBN978-4-320-04609-2
判型B5 
ページ数354ページ
発行年月1989年08月
価格9,900円(税込)
東北地方 書影
東北地方

北上・阿武隈を中心に分布する中・古生界,広く分布する新第三系・第四系を,構造・化石層序をまじえて解説。黒鉱・石油など資源にもふれる。

目次

第1章 総説
1.1 地形の概要
1.2 地質の概要
1.3 年代決定と対比の基準
1.4 この本の構成と内容

第2章 中・古生界
2.1 北上山地
2.2 阿武隈山地・八溝山地
2.3 奥羽脊梁山地とその西方地域

第3章 白亜系~古第三系
3.1 概説
3.2 下部白亜系―宮古層群
3.3 上部白亜系~古第三系

第4章 白亜紀~古第三紀火成岩類
4.1 概説
4.2 前期白亜紀火山岩類
4.3 白亜紀深成岩類
4.4 後期白亜紀~古第三紀火山岩類

第5章 新第三系・第四系
5.1 常磐地域
5.2 棚倉地域
5.3 福島~郡山地域
5.4 会津地域
5.5 仙台地域
5.6 蔵王―鳴子地域
5.7 栗駒山―雫石地域
5.8 三戸―八戸地域
5.9 夏泊地域
5.10 下北地域
5.11 津軽地域
5.12 男鹿地域
5.13 秋田地域
5.14 庄内地域
5.15 山形地域

第6章 火山
6.1 概説
6.2 青麻―恐火山列
6.3 脊梁火山列
6.4 森吉火山列
6.5 鳥海火山列

第7章 地下資源
7.1 概説
7.2 金属鉱床
7.3 非金属鉱床

第8章 環境地質
8.1 概説
8.2 地盤と地下水
8.3 斜面災害
8.4 地震・火山・気象災害

第9章 構造発達史の概要と諸問題
9.1 古生代~白亜紀の初期
9.2 大島造山運動と白亜紀~古第三紀の発達史
9.3 新第三紀~第四紀