地球・環境・資源―地球と人類の共生をめざして― 第2版

書籍情報
ISBN978-4-320-04734-1
判型B5 
ページ数220ページ
発行年月2019年03月
本体価格3,000円
地球・環境・資源 書影
地球・環境・資源

 大学1・2年の理系ならびに文系の学生を対象に,私たちが暮らしているこの地球のことを知ってもらうと共に,この人類に迫りくる環境問題・資源問題を地球科学の立場から理解し,地球と人類が永遠に共生できる「宇宙船地球号」を創成する上での足がかりとなることを目指した教科書。
 初版刊行より10年が経ち,そのあいだに地球科学は様々な分野で進化・発展してきた。第2版では,新たな風を吹き込むべく著者に若手研究者(第2.5節,第5章担当)が加わり,研究の進展が著しい第4章についても大きく改訂されている。

目次

1.地球の探求
1.1 地球科学の時空スケール
1.2 地球の構成・形態
1.3 地磁気
1.4 地球内部熱

2.地球の構成物質
2.1 元素の存在比
2.2 鉱物
2.3 火成岩
2.4 変成岩
2.5 堆積岩と地層
2.6 地層の変形:褶曲と断層

3.地球の変動
3.1 海洋底の拡大とプレートテクトニクス
3.2 プレートとプレート境界
3.3 プルームテクトニクス
3.4 プレートテクトニクスと地球の変動
3.5 日本列島の発達史

4.地球の誕生と進化
4.1 地球の誕生からその後の進化
4.2 原始太陽系,星雲から惑星の形成
4.3 原始大気と海洋の形成
4.4 大陸の成長と超大陸の誕生
4.5 全球凍結

5. 生命の誕生と進化
5.1 生命の誕生と初期の進化
5.2 原生代の生命:微生物の多様化と生命の爆発
5.3 古生代の生命
5.4 中生代の生命
5.5 新生代の生命

6.鉱物・エネルギー資源
6.1 資源問題
6.2 鉱物・エネルギー資源の生成
6.3 鉱床の種類と成因

7. 地球表層の物質循環と地球環境問題
7.1 地球生態系と物質循環
7.2 輸送媒体の構成
7.3 物質循環と地球環境問題
7.4 持続可能な循環型社会の構築に向けて

8.自然と人間活動の調和をめざして
8.1 環境破壊と人間活動
8.2 自然災害と人間生活
8.3 地質学と近年の人間活動
8.4 自然を考える人間活動の原点

参考図書
索引