• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

生物物理学序説―神経膜の興奮,思考の基礎論― 

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-05259-8
判型A5 
ページ数232ページ
発行年月1983年02月
本体価格3,300円
生物物理学序説 書影
生物物理学序説

生物物理学が将来どのような形で独自の学問体系たり得るかどういう問題に対し,もっとも示唆に富むと思われるTuningの理論とHodgkin-Huxleyの理論を根底から理解することに焦点を置いて概説。

目次

1章 神経膜の興奮

2章 ディジタル情報処理

3章 Tuningの理論