まるごとの免疫学

書籍情報
シリーズ名未来の生物科学シリーズ 全40巻 【6】巻
ISBN978-4-320-05330-4
判型B6 
ページ数152ページ
発行年月1986年08月
本体価格1,500円
まるごとの免疫学 書影
まるごとの免疫学

トータルとしての生体防御機構,即ちまるごとの免疫の働きを日常と結びついた科学として解説。

目次

1 生体防御機構

2 生体防御の理解

3 生体防御機構の系統発生的進化

4 生体防御の個体発生

5 生体防御の流れ

6 初期防御の中心

7 免疫成立の主役

8 免疫成立または免疫応答

9 体液性免疫の反応発現の担い手

10 体液性免疫の表現様式

11 細胞性免疫の表現様式

12 免疫者象の特徴の理解

13 免疫過剰を防ぐ調節機序

14 遺伝子レベル,膜抗原レベルでの抗体や感作リンパ球の把握

15 主要組織適合複合体(MHC)

16 生体防御の実際的機能表現

17 生体防御における全身と局所のかかわり

18 各防御因子の役割分担と比重論的位置づけ

19 生体防御機構の生理的あるいは病的な変動

20 生体防御の乱れを背景とする疾患

21 バイオテクノロジーによる生体防御因子の大量生産と治療への応用