• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

バイオリアクターシステム

書籍情報
シリーズ名未来の生物科学シリーズ 全40巻 【12】巻
ISBN978-4-320-05336-6
判型B6 
ページ数132ページ
発行年月1987年10月
本体価格1,350円
バイオリアクターシステム 書影
バイオリアクターシステム

バイオテクノロジーの3本柱の一つ,工業的バイオテクノロジー=バイオプラントの心臓部であるバイオリアクターについて,その工学的側面を解説・紹介し,現在の最先端の情報と今後の展望を提供。

目次

1 プロローグ

2 バイオリアクターシステム

3 生体触媒
3-1 生体触媒反応の特徴
3-2 生体触媒の固定化
3-3 酵素固定化の効率評価法
3-4 固定化酵素の性質

4 バイオリアクター設計・操作の基礎
4-1 バイオリアクター設計の原理
4-2 バイオリアクターの性能評価

5 酵素反応用バイオリアクターシステム
5-1 基本形式
5-2 補基質再生系バイオリアクター
5-3 膜を用いるバイオリアクター
5-4 微水系バイオリアクター

6 生物反応用バイオリアクターシステム
6-1 好気性微生物培養における酵素供給
6-2 基本形式
6-3 生物反応器の操作法
6-4 高菌体濃度(高密度)培養

7 バイオリアクターの周辺技術
7-1 微生物反応のセンシング
7-2 コンピュータの利用

8 エピローグ