アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

カルシウムイオンと細胞機能

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-05358-8
判型B5 
ページ数492ページ
発行年月1990年03月
本体価格5,340円
カルシウムイオンと細胞機能 書影
カルシウムイオンと細胞機能

分子レベルから生体における諸現象まで,カルシウムイオンがどうかわっているかを幅広くまとめ,学会でのトピックス“骨形成”も含めた。
(「蛋白質 核酸 酵素」臨時増刊を単行本に改装発行)

目次

歴史と展望

Ca2+輸送
概説
カルシウム動員
排出の機構

Ca2+作用発現のメカニズム
Ca2+受容蛋白質
筋収縮と細胞運動
カルモデュリンを介する作用発現機構
プロテインキナーゼC
カルシウム依存性中性プロテアーゼ
Ca2+作用発現機構の薬理学

Ca2+による高次細胞機能の調節

細胞外カルシウム制御