アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

なぜ遺伝子はらせんを巻くのか―DNAの立体構造と機能― 

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-05437-0
判型A5 
ページ数210ページ
発行年月1996年03月
本体価格3,200円
なぜ遺伝子はらせんを巻くのか 書影
なぜ遺伝子はらせんを巻くのか

DNAが二重らせんであることは知られていても,なぜ二重らせんを巻くのかはほとんど知られていない。本書は,簡単な理論や豊富な図を用いて分子生物学の基本をやさしく説明。また,遺伝子の立体構造と染色体の関係,立体構造と遺伝子の機能の関係を扱った本邦初の訳本。

目次

1章 科学者でない人のための分子生物学入門

2章 なぜ,らせんなのか?

3章 さまざまな種類の二重らせん

4章 ねじれと曲がり

5章 立体的な曲がり

6章 DNAの超コイル

7章 DNAから染色体へ

8章 DNAの構造を研究する方法