アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

分子から高次脳機能へ―脳の階層性をふまえて― 

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-05444-8
判型B5 
ページ数302ページ
発行年月1996年05月
本体価格4,700円
分子から高次脳機能へ 書影
分子から高次脳機能へ

認識・記憶・意識・思考などの脳高次脳機能利用解明へ向けて,展開されている分子レベルの研究最前線。
(「蛋白質 核酸 酵素」臨時増刊を単行本に改装発行)

目次

第1部 分子的アプローチ
1 遺伝子操作による脳機能解析
2 伝達物質・シグナル伝達と高次脳機能
3 形態形成から高次脳機能へ

第2部 大脳皮質の構造と機能

第3部 ヒトの脳機能へのアプローチ