遺伝暗号の起源と進化

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-05475-2
判型A5 
ページ数270ページ
発行年月1997年07月
本体価格4,600円
遺伝暗号の起源と進化 書影
遺伝暗号の起源と進化

遺伝暗号(コドン)の解読の延長線上に,コドン捕獲説を完成させた世界的に著名な大澤博士のライフワークを綴った集大成ともいえる書の翻訳。

目次

1 遺伝暗号―歴史

2  “普遍”遺伝暗号の構造

3  アンチコドン組成

4 コドン使用

5 非指定コドンまたはナンセンスコドン

6 進化する遺伝暗号

7 セレノシステインはUGAでコードされる

8 RNAエンディング

9 遺伝暗号の起源と初期進化

10 タンパク質のアミノ酸組成と遺伝暗号

11 エピローグ