• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

医療薬学 I―医療薬学の基礎― 

書籍情報
シリーズ名生命薬学テキストシリーズ 
ISBN978-4-320-05508-7
判型B5 
ページ数268ページ
発行年月1998年12月
本体価格4,300円
医療薬学 I 書影
医療薬学 I

薬学出身者が身につけるべき病理生理・生化学のコンセンサスを示す教科書(基礎編)。大きく変わってきた薬剤師業務の基礎教育を,実践者が実に無駄なくコンパクトにまとめた。

目次

第1章 医療薬学―総論
1.1 医療薬学とは
1.2 医薬品の適正使用と医療薬学

第2章 医療制度と医薬品
2.1 わが国の医療制度
2.2 医療保険制度

第3章 医薬品の有効性と安全性
3.1 医薬品の開発と安全性の確保
3.2 非臨床試験―動物を用いた薬効・薬物動態・毒性試験
3.3 毒性試験
3.4 臨床試験(治験)
3.5 医薬品の評価

第4章 医療と薬剤師
4.1 医療人チームの一員としての薬剤師
4.2 医薬分業とは
4.3 地域医療における薬剤師

第5章 医薬品情報
5.1 医薬品情報の構築
5.2 医薬品情報の収集と解析
5.3 医薬品情報の提供

第6章 医薬品管理
6.1 医薬品管理の基礎
6.2 医薬品の品質管理
6.3 病院における医薬品の管理
6.4 治験薬の管理

第7章 臨床薬物動態学
7.1 薬物の吸収,分布,代謝,排泄
7.2 薬物動態学の臨床応用
7.3 投与経路,剤形と薬物動態
7.4 加齢と薬物体内動態
7.5 病態と薬物動態
7.6 薬物間相互作用

第8章 薬剤疫学
8.1 薬剤疫学とは
8.2 安全性と有効性の評価

索引

関連商品

医療薬学Ⅲ ―疾患と薬物治療― 

  • ISBN:978-4-320-05510-0
  • 判型/ページ数:B5 / 360ページ
  • 発行年月:2000年09月
  • 本体価格:5,800円

ポストゲノムの時代を迎えて,創薬に薬剤師の仕事に,21世紀 に活躍する薬の専門家にとって,病気を知ることが一層重要になってきており,この趨勢は,薬剤師国家試験の出題における医療薬学系設問の配分の増加に・・・

医療薬学Ⅲ  書影
医療薬学Ⅲ