草原・砂漠の生態

書籍情報
シリーズ名新・生態学への招待 
ISBN978-4-320-05527-8
判型A5 
ページ数264ページ
発行年月2000年01月
価格2,420円(税込)
草原・砂漠の生態 書影
草原・砂漠の生態

様々な環境問題の一部に草原や湿原の砂漠化の問題がある。本書は,第一線の研究者がこ れまでの研究成果を基に,草原の砂漠化問題を中心に,その防止策や土地利用などと地球環境との関わりを平易に解説している。

目次

1.草原の分布と成立
草原の成立要因
草原のタイプと分布
日本の草原

2.熱帯草原の環境と生態
サバンナの分布と環境
サバンナ地域の植物の分布と適応
サバンナ生態系の成り立ちと機能

3.温帯草原の環境と生態
温帯草原の分布と環境
温帯草原における植物の分布と適応
温帯草原の成り立ちと機能

4.ツンドラと湿原
極地と高山のツンドラ
ツンドラに対する人為的インパクト
湿原の環境と生態
湿原に対する人為的インパクト

5.砂漠の環境と生態
砂漠の分布と環境
乾燥気候がつくりだす砂漠の景観
砂漠を生き抜く植物の適応と生態
植物どうしの関わり
様々な生き物たちがつくる砂漠の生態系
人々の暮らしと変化

6.砂漠化の進行・防止と持続的な土地利用
砂漠化の現状
砂漠化のプロセス
砂漠化の防止と接続的土地利用に向けて

7.地球環境変化の草原へのインパクト
地球環境変化と草原の環境
地球環境変化に対する草原生態系の応答研究
CO2増加に対する草本植物の応答
草原生態系に対するCO2増加の影響
地球環境変化と草原の将来