湖沼の生態学

書籍情報
シリーズ名新・生態学への招待 
ISBN978-4-320-05528-5
判型A5 
ページ数208ページ
発行年月2002年12月
価格2,420円(税込)
湖沼の生態学 書影
湖沼の生態学

理学部,教育学部,農学部などで生物学を学ぶ学生の啓蒙書もしくは教科書として,一般社会人,特に自然保護関係者,官公庁のアセスメント関係者,河川管理者などの実践的啓蒙書。
地球上の水は海水と陸水に分けられる。その中の陸水は,さらに湖沼・河川・地下水などに分けられる。その陸水の中の湖沼について生態学的に捉え,その成因から,生息する生き物たちの生態,地球環境との関わり,そして人間との関わりについて,大学などで生物学を学ぶ学生はもとより,自然保護・環境科学・環境開発などに係わり持つ社会人に理解してもらいたい事柄を,著者の経験による実験・研究の方法論や逸話なども織りまぜながら興味を持って読み・学べる書。

目次

1.陸水
陸水
水の惑星「地球」
水の働きと生物
水は有限な資源
湖は一つの生態系
日本の近代湖沼学の始まり

2.湖沼の成因と形態
湖沼の成因
湖盆の形態と生態区分
沿岸と沖合
湖沼の遷移
湖沼の分類
温帯の湖沼と熱帯の湖沼

3.湖沼の非生物的環境
湖沼の水収支
湖沼の熱収支
湖水中での光の運命
温度成層と化学成層
湖水の運動
湖沼の水質特性と集水域

4.湖沼の生物群集とその変遷
湖沼生態系の構成
基礎生産者としての植物群集
湖沼の消費者としての生物群集
分解者としての細菌類
物質循環とエネルギーの流れ
湖沼の富栄養化現象と生態遷移

5.湖沼と人間活動
湖沼の損傷
集水域生態系研究
湖沼環境修復(ミチゲーション)の動き