河川の生態学

書籍情報
シリーズ名新・生態学への招待 
ISBN978-4-320-05530-8
判型A5 
ページ数146ページ
発行年月2002年12月
価格2,530円(税込)
河川の生態学 書影
河川の生態学

理学部,教育学部,農学部などで生物学を学ぶ学生の啓蒙書もしくは教科書として,一般社会人,特に自然保護関係者,官公庁のアセスメント関係者,河川管理者などの実践的啓蒙書。
地球上には水がある。水があるから生物がいる。人と水の関わりは切り離すことができない。昔から水利用の代表として河川が考えられてきた。その河川について,利水・治水などの観点から様々な研究がされてきている。本書は河川について生態学的立場から研究を重ねてきた著者が大学等で生物学を学ぶ学生はもとより,自然保護・環境科学・環境開発などに係わり持つ社会人に理解してもらいたい事柄を,著者の経験による実験・研究の方法論や逸話なども織りまぜながら興味を持って読み・学べんでもらえるよう著した書。

目次

1.河川の形態と特性
河川と湖沼の違い
河川の基本構造
河川の形態特性
河川の生態系としての構成
河川の水質

2.河川の生物群集
水中の生物群集
河川敷の生物群集
水中の生物の相互関係
汚水生物学

3.河川と人間活動
河川と人間生活との関わり
水質汚濁
ダムの築造
河川改修と河川環境の保全
移入生物と人間