アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

生命を支える光

書籍情報
シリーズ名シリーズ・光が拓く生命科学 全8巻 【3】巻
ISBN978-4-320-05534-6
判型A5 
ページ数216ページ
発行年月2000年05月
本体価格3,800円
生命を支える光 書影
生命を支える光

太陽系の惑星の一つである地球上の"生命"は,母なる太陽からもたらされる"光"と本質的なかかわり合いを持っている。その一つの局面は,エネルギー源としての光の利用であり,植物・藻類・ラン藻(シアノバクテリア)やある種の細菌の営む光合成,あるいは,より直接的に光エネルギーを利用してプロトン輸送を行うことによりATPを合成するハロバクテリアの営みがこれに相当する。生物は情報源としても太陽の光を多面的に利用していることはよく知られている。例えば,光発芽・光形態形成・光屈性・走光性,あるいは,地表に到達する低密度の光エネルギーを捕集するためのアンテナ色素系の量や質の光制御など,その生命としての営みや光合成の効率が,直接的または間接的に,光によりコントロールされている。
 本書は,これらの分野での最近の研究成果のエッセンスをとりまとめたもので,第1章では,光が情報源として利用され,植物体や光合成系が構築されて行く側面を,第2章では,光合成アンテナ色素系による光の捕集と反応中心における電荷分離ならびにバクテリオロドプシンにおける光エネルギー変換を,第3章として,これに続く,酸素発生・電子伝達・プロトン輸送・ATP合成など呼吸系とも共通する反応の仕組み,さらには,光合成の最終過程としての有機物の合成系を取り上げ,第4章では,グローバルな視点から,地球温暖化など地球環境変化の地球生態系への影響や,究極の化学反応と言われる人工的光合成の実現の可能性などについて論じている。

目次

序章 生命は光から,そして光とともに

第1章 光を求めて
1-1 光で目をさます―光発芽
1-2 光によるかたち作り―光形態形成
1-3 光を求めて曲がる―光屈性

第2章 光の捕獲とエネルギー変換―もっと光を
2-1 光を捕らえる―アンテナ色素系
2-2 光を電子の流れに―光化学反応中心における光エネルギーの変換
2-3 光をプロトンの流れに―バクテリオロドプシンにおけるエネルギー変換

第3章 光を糧に―光合成のメカニズム
3-1 偉大なる副産物"酸素"―光合成における酸素発生
3-2 光合成と呼吸に共通する反応の仕組み―電子伝達とプロトン輸送
3-3 無機物から有機物へのリサイクル―光合成における炭素・窒素・硫黄の同化

第4章 光を人類のために―グローバル光合成
4-1 サテライトから見る地球の生態系
4-2 公害なき化学工場
4-3 地球温暖化と光合成

用語解説