海と大地の恵みのサイエンス―人と自然の共生をめざして― 

書籍情報
ISBN978-4-320-05569-8
判型A5 
ページ数212ページ
発行年月2001年03月
本体価格3,000円
海と大地の恵みのサイエンス 書影
海と大地の恵みのサイエンス

本書は大学初年度を対象とした応用生物学の入門テキストです。とくに,「環境保全と食料生産」に関わる主なテーマを各項目ごとに4ページにまとめ,わかりやすく紹介しています。
現在,世界中でかなり多くの人々が飢餓に苦しんでいますが,近い将来,人口の増加と生活水準の向上により,食料の不足は深刻になると予想されています。このような状況下,生物とそれらの住んでいる環境を全体として「海と大地の恵み」と捉え,それらを活用して,人類の生存をより良い条件で持続させることを目的と考えました。
第I部では,生物資源と食資源に関連する今日的なトピックスをフィールドから探り出して紹介し,自然や科学の面白さを伝え,またどのような問題があるかを示す内容としました。第II部では,そのための基礎的な科学知識や技術を示しています。また,第III部では,そのような問題を解決するための提言やアイデアを示しました。

目次

第I部 フィールドから学ぶ
1章 海・川・湖の恵み

2章 大地の恵み

3章 食べものの恵み

4章 恵みの食卓

第II部 サイエンスを学ぶ
1章 バイオサイエンス

2章 環境サイエンス

第III部 循環型社会をめざして