対談集 
先端バイオの先を読む―トップサイエンティストたちの知的格闘― 

書籍情報
ISBN978-4-320-05583-4
判型A5 
ページ数178ページ
発行年月2001年12月
本体価格1,400円
先端バイオの先を読む 書影
先端バイオの先を読む

DNAの二重らせんの解明から50年,バイオサイエンスは急進展し続け,それらの研究成果が医療,産業,技術,経済,社会,環境などきわめて多方面に大きな影響を及ぼす新しいフェイズに入っている。遺伝子医学,発生学・再生医学,脳・神経科学,免疫学,老化研究,バイオテクノロジー,植物学,ゲノム科学の領域の第一人者たちは,何をめざして日夜格闘しているのか,今どこまで解明されたのか,そしてその先は…

目次

Chapter1 ゲノム研究と先端医療 ゲスト:中村祐輔

Chapter2 発生学の進歩がもたらすもの ゲスト:勝木元也

Chapter3 脳の理解はどこまで進むか ゲスト:中西重忠

Chapter4 免疫学の新たなステージ ゲスト:本庶佑

Chapter5 老化はなぜ起こるのか ゲスト:鍋島陽一

Chapter6 先端技術が切り開く生物学の未来 ゲスト:Charles Cantor

Chapter7 植物の意外性と可能性 ゲスト:岡田清孝

Chapter8 ゲノム解析後の新たな生物観 ゲスト:小原雄治

Chapter9 花開くバイオテクノロジーの世紀 鼎談:大石道夫・宮田満・服部恵子