• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

神経回路の機能発現のメカニズム

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-05624-4
判型A4変型 
ページ数310ページ
発行年月2004年11月
本体価格4,700円
神経回路の機能発現のメカニズム 書影
神経回路の機能発現のメカニズム

近年,神経回路形成機構の具体的解明が多くの研究者の注目を浴びている。本書では,分子レベルからシステム・行動レベルまでを含む幅広い研究領域の最近の進展をわかりやすい言葉で正確に伝える。
(「蛋白質 核酸 酵素」臨時増刊を単行本に改装発行)

目次

座談会「神経回路形成研究の現状と今後の展望」

I.神経細胞の分化と移動

II.受容体とシナプス形成

III.神経回路形成の分子的基盤

IV.シナプス可塑性と神経回路形成

V.学習と行動の分子メカニズム

VI.神経系の特徴抽出と統合機能