講義と実習生細胞蛍光イメージング―阪大・北大 顕微鏡コースブック― 

こちらの書籍は旧版です。最新版は新・生細胞蛍光イメージングとなります。

書籍情報
ISBN978-4-320-05660-2
判型B5 
ページ数320ページ
発行年月2007年10月
価格6,600円(税込)
講義と実習生細胞蛍光イメージング 書影
講義と実習生細胞蛍光イメージング

 蛍光顕微鏡イメージングは,いまや生命科学系の研究者にとって必須の研究ツールとなりつつある。しかし,実際に研究を行っている研究者は,その原理や正しい使い方がわからないまま使っていることも多く,十分な成果が挙げられないばかりか,やり方によっては間違った結論を出す可能性もあり,適切な教育が熱望されている。そのような状況から,大学院生や若手の研究者を対象に,蛍光顕微鏡の原理や使い方を教える「細胞生物学ワークショップ」が開催されてきた。蛍光イメージングの第一線で活躍する講師陣によるこれらの講義と実機による実習は,生きた細胞での蛍光イメージングをめざす受講生にとって,研究に必要な実践的な知識と技能を得るのに大きく貢献してきた。
 本書は,そのワークショップの講師陣を中心に,ワークショップで行った講義と実習の内容をまとめたものである。これから蛍光顕微鏡イメージングを行おうとする者に,基本から応用まで実践的な知識を与えることを目的に書かれている。そのために,顕微鏡装置やイメージング法の基本的知識を記述した講義編に加えて,試料の調製法や解析法について実践的な内容を実習編に記述した。これから蛍光イメージングをやってみようと思っている人,イメージングをやってみたが上手く行かなかった人,データ解析の方法がわからない人に必読の書である。さらに,蛍光顕微鏡の講習会に必要な講義内容や試料の準備,実験の手順についても実習編で再現しているので,これから同様の講習を行おうとする教師にとっても役に立つものになっている。

目次

■ 講義 初級編
第1章 蛍光顕微鏡の基礎

第2章 共焦点顕微鏡の基礎

第3章 ニポーディスク共焦点顕微鏡

第4章 3次元イメージング

第5章 マルチカラータイムラプス蛍光顕微鏡

第6章 スペクトルイメージング

第7章 蛍光色素・蛍光タンパク質

第8章 改変型蛍光タンパク質の利用

第9章 生細胞試料の準備

第10章 光退色後蛍光回復(FRAP)の基礎

第11章 光退色と光刺激

第12章 蛍光相関分光法(FCS)の基礎

第13章 共鳴エネルギー移動(FRET)の基礎

第14章 FRETの測定法と評価

■ 講義 上級編
第15章 蛍光の化学的理解

第16章 顕微鏡カメラの基礎

第17章 光学顕微鏡の基礎

第18章 2光子励起顕微鏡

第19章 FRAPの定量的解析

第20章 FCS解析の実際

第21章 蛍光相互相関分光法(FCCS)

第22章 全反射顕微鏡と1分子計測

■ 実習編
実習1 蛍光顕微鏡の調整・基本操作
実習1-1 全視野顕微鏡
実習1-2 共焦点顕微鏡

実習2 3次元マルチカラー(全視野顕微鏡)
実習2-1 点像分布関数(PSF)の測定
実習2-2 固定細胞の3次元イメージング

実習3 3次元マルチカラー(共焦点顕微鏡)
実習3-1 点像分布関数(PSF)の測定
実習3-2 固定細胞の3次元イメージング

実習4 生細胞タイムラプス
実習4-1 全視野顕微鏡によるタイムラプスイメージング
実習4-2 レーザー走査型共焦点顕微鏡によるタイムラプスイメージング
実習4-3 ニポーディスク共焦点顕微鏡によるタイムラプスイメージング

実習5 FRAP・FLIP
実習5-1 FRAPによる拡散速度の計測
実習5-2 FRAPによる結合・解離速度の計測
実習5-3 光退色蛍光減衰測定法(FLIP)
実習5-4 フォトアクティベーション

実習6 FRET
実習6-1 スペクトルイメージングによるFRETの検出
実習6-2 アクセプターブリーチングによるFRETの検出
実習6-3 レシオイメージングによるFRETの検出

実習7 FCS
実習7-1 FCSによる溶液中での拡散速度計測
実習7-2 FCSによる細胞内での拡散速度計測

実習8 FCCS
実習8-1 FCCSによる溶液中での相互相関計測
実習8-2 FCCSによる細胞内での相互相関計測

実習9 全反射顕微鏡
実習9-1 全反射顕微鏡による1分子動態観察
実習9-2 分光光度計でのスペクトル測定と1分子FRET