糖鎖情報の独自性と普遍性

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-05683-1
判型A4変型 
ページ数308ページ
発行年月2009年03月
本体価格4,600円
糖鎖情報の独自性と普遍性 書影
糖鎖情報の独自性と普遍性

蛋白質,核酸につぐ第3の生命鎖とされる糖鎖の研究は,その普遍性と重要性の認識が高まって,ポストゲノム研究の重要な柱として位置づけられつつある。本増刊号では,進展のまとめと,今後の展開を見据えた新しい糖鎖研究の萌芽を提示する。糖鎖情報の独自性から普遍性への展開の糸口となり,糖鎖科学の進展のみならず生物学全般の推進に貢献できるものと期待する。
(「蛋白質 核酸 酵素」臨時増刊を単行本に改装発行)

目次

I.糖鎖合成・修飾酵素の調節機構

II.小胞体,ゴルジ体における分子動態

III.細胞膜における糖鎖複合体の構造と機能―受容体としての糖鎖,受容体との相互作用

IV.細胞膜における糖鎖複合体の構造と機能―ミクロドメイン,分子複合体

V.細胞間および細胞外の複合糖質の機能

VI.糖鎖認識分子

VII.構造糖鎖生物学と糖鎖創薬

VII.バイオインフォマティクス,メタボローム