これからの生命科学 
構造生物学―原子構造からみた生命現象の営み― 

書籍情報
ISBN978-4-320-05701-2
判型A5 
ページ数270ページ
発行年月2010年03月
本体価格3,700円
構造生物学 書影
構造生物学

 生体高分子は,立体構造をもって様々な機能を獲得する。本書は,生体高分子が制御する生命現象をそれらの原子分解能の構造をもとに理解するための「基礎的な知識と考え方」を学ぶことに主眼をおいた入門書である。
 本書の読者の主なる対象は学部2~4年生である。そのため,生体高分子の立体構造を図示するだけではなく,機能の説明などにおいてもできるだけ図を多用し,初学者にとっても分かりやすく説明するように努めた。また,大学院生などでより深く構造生物学を学びたい読者のためには,「注釈」として,「より進んだ内容」も紹介している。

目次

第1部 構造生物学の基礎
第1章 生物学から構造生物学へ――生物学と構造化学の融合

第2章 機能性生体高分子(核酸やタンパク質)ができるまで――小分子から生体高分子へ


第2部 細胞における機能分子の構造生物学
第3章 遺伝情報の発現――転写や翻訳にかかわるタンパク質や核酸

第4章 エネルギーの獲得――生命活動に必要なエネルギー生成にかかわるタンパク質

第5章 物質輸送

第6章 情報(シグナル)伝達

第7章 代謝

第8章 免疫

第9章 骨格(構造)形成

第10章 基本構造のまとめ


第3部 構造生物学研究の方法論
第11章 回折・散乱法

第12章 分光法

第13章 理論的手法――分子動力学法,分子軌道法

第14章 バイオインフォマティクス

関連商品

これからの生命科学 
環境生物学―地球の環境を守るには― 

  • ISBN:978-4-320-05700-5
  • 判型/ページ数:A5 / 288ページ
  • 発行年月:2010年02月
  • 本体価格:3,500円

地球誕生以来,生物は2回にわたって地球に大きく作用した。1回目はシアノバクテリアの大発生であり,酸素を大量発生し地球環境を一変した。高濃度の酸素は,地球生命に早い運動能力と情報処理能力を獲得する礎を与・・・

環境生物学 書影
環境生物学