アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

SOFIX物質循環型農業―有機農業・減農薬・減化学肥料への指標― 

書籍情報
ISBN978-4-320-05811-8
判型B5 
ページ数224ページ
発売日2020年10月16日
本体価格2,800円
SOFIX物質循環型農業 書影
SOFIX物質循環型農業

新刊

 SOFIX(土壌肥沃度指標)は,生物指標による農地の診断・評価を定量的に可能にし,再現性のある有機農業システムを提供する世界初の技術である。土壌中の微生物とバイオマスが数値によって「見える化」されることで,土壌中の有機物が豊富になり,微生物がバランスよく活動する。こうして従来経験と勘に頼っていた有機農業がより確実なものとなり,化学農法で栽培した農地よりも高い収穫量が得られるようになる。
 本書は,SOFIX開発の経緯や概念,またその理論や技術体系について,多くの図表・写真を用いて解説している。畑,水田,樹園地における各パターンの分析結果の例も多数掲載している。SOFIXデータを用いた農地の肥沃度向上技術を詳述するほか,野菜や樹木の栽培技術についても実際の例とともに紹介している。

 SOFIX技術のバイブルとして,農学研究者・学生や普及指導員だけでなく,農業従事者や庭づくり関係者など,多方面の読者におすすめしたい一冊。

目次

第1章 物質循環と農業
1.1 地球上の物質循環の概要
1.2 炭素循環
1.3 窒素循環
1.4 リン循環
1.5 イオウ循環
1.6 ミネラル(金属)の循環
1.7 土壌微生物の種類と特徴
1.8 土壌微生物と農業
1.9 物質循環,微生物,そして農業

第2章 農業の変遷と展望
2.1 経験的な有機農法の始まり
2.2 化学農業の始まり
2.3 有機農法と化学農法の違い
2.4 化学肥料と有機肥料
2.5 科学的有機農法の必要性
2.6 土壌環境と微生物
2.7 農業と微生物

第3章 SOFIX(土壌肥沃度指標)
3.1 SOFIXの開発の経緯
3.2 SOFIX分析における各数値の意味
3.3 SOFIXデータベースおよびパターン判定技術(畑,水田,および樹園地)
3.4 SOFIXによる農地評価
3.5 堆肥(発酵・有機資材)品質指標(manure quality index; MQI)
3.6 未発酵・有機資材品質指標(organic material quality index; OQI)
3.7 MQIおよびOQIによる堆肥および有機資材評価
3.8 SOFIX有機標準土壌
付録

第4章 SOFIX物質循環型農業の実践
4.1 土づくりおよび施肥設計の手順
4.2 SOFIXヒアリングシート
4.3 SOFIX分析およびパターン判定
4.4 MQI分析およびOQI分析
4.5 処方箋
4.6 SOFIX精密診断
4.7 SOFIX診療録(カルテ)およびSOFIX処方履歴の作成

第5章 SOFIX物質循環型農業の実施例
5.1 水田
5.2 畑
5.3 樹園地
5.4 その他の植物

第6章 SOFIX関連情報
6.1 物質循環活性の指標
6.2 畑,水田および樹園地におけるSOFIX基準値および推奨値
6.3 植物病害(根こぶ病)と土壌環境
6.4 根内,根圏,および非根圏での細菌の解析
6.5 細菌数と地温
6.6 SOFIX野菜販売
6.7 理想的な物質循環型農業を目指して