活性酸素と運動―しなやかな健康と長寿を求めて― 

書籍情報
ISBN978-4-320-06128-6
判型B5 
ページ数314ページ
発行年月1999年05月
価格7,700円(税込)
活性酸素と運動 書影
活性酸素と運動

活性酸素が体内で発生すると体に悪いことは,ここ数年で,テレビや雑誌などを通して広く一般に浸透した。しかし,その発生・消去のメカニズムまではきちんと理解されていないのが現実である。そのために,「運動すると活性酸素が発生して,寿命が短くなる」といった極論が世間を騒がせたりした。
本書の目的は,運動と活性酸素の関係について, 科学的に解明・解説することである。運動時の体内変化を活性酸素を中心に,分子・細胞レベルから,臓器代謝レベル,個体レベルと分けて解説し,さらに,環境の変化や病気などが活性酸素の発生・作用や運動,老化・寿命にどのように影響するのかを検証している。しなやかな健康と長寿を手に入れるため,さまざまな科学的データを提供し,科学的手法のアプローチを提案する。
「活性酸素と医食同源」(1996)の姉妹編。

目次

1章 生物の設計図と運動関連代謝
1.1 多細胞生物の設計原理とエネルギー代謝
1.2 エネルギー代謝と活性酸素
1.3 有酸素運動のエネルギー代謝と肝筋代謝相関
1.4 運動によるプリン代謝の変化
1.5 運動時の抗酸化分子代謝
1.6 活性酸素と抗酸化分子群の相互作用

2章 運動と臓器代謝
2.1 運動時の酸素供給と心機能変化
2.2 微小循環から見た骨格筋の酸素代謝特性
2.3 運動とリンパ循環制御
2.4 運動時の筋肉内エネルギー代謝変化
2.5 骨格筋GLUT4と運動・インスリンによる制御
2.6 有酸素運動におけるエネルギー代謝と発汗
2.7 骨の形成と吸収の分子機構
2.8 運動負荷と骨新陳代謝・維持
2.9 廃用性筋萎縮における酸化的ストレス

3章 過剰運動症候群
3.1 運動強度とエネルギー消費・運動処方
3.2 トライアスロンとエネルギー代謝
3.3 血尿とミオグロビン尿症と腎障害
3.4 運動と酸化的遺伝子障害
3.5 過剰運動ストレスと免疫機能変化
3.6 月経周期ならびに妊娠中のスポーツ

4章 特殊運動環境と酸素代謝
4.1 日光浴とアウトドアスポーツ
4.2 高地における活性酸素代謝特性
4.3 高所トレーニングと酸素代謝
4.4 スクーバダイビングと酸素代謝
4.5 ダイビングと減圧症
4.6 冬眠と寒冷曝露時の血液循環と酸素代謝
4.7 格闘家の筋肉特性

5章 老化・寿命・運動相関
5.1 運動選手の寿命
5.2 運動と老化現象:その疫学的相関性
5.3 活力年齢から見た運動と老化予防

6章 病態と運動支援システム
6.1 運動と循環器疾患:その疫学的側面
6.2 高血圧と運動療法
6.3 糖尿病と運動療法
6.4 肥満と運動療法のエネルギー代謝特性
6.5 脂質代謝とmetabolic fitness
6.6 鍼灸と血液循環動態

7章 運動支援と分子栄養学
7.1 体重制御栄養学と脂肪代謝
7.2 運動と摂食デザイン
7.3 運動支援食品設計