医用工学―医療技術者のための電気・電子工学― 

こちらの書籍は旧版です。最新版は医用工学 ―医療技術者のための電気・電子工学― 第2版となります。

書籍情報
ISBN978-4-320-06147-7
判型B5 
ページ数208ページ
発行年月2003年12月
本体価格3,000円
医用工学 書影
医用工学

臨床検査技師・臨床工学技士・診療放射線技師を目指す学生を対象に、電気電子工学の基礎から生理特性の測定までの実習と理論を重視し、電気的安全性とそのための管理法を理解できるよう構成した医用理工学のテキスト。また臨床の現場での機器取り扱い上の安全や有効利用に役立つことにも配慮し、最終的に国家試験に対応できるようにした。

目次

1章 電気回路の基礎
1.1 電気の基礎
  1.1.1 電気現象とは
  1.1.2 電流
  1.1.3 電界
  1.1.4 電圧
  1.1.5 電力
  1.1.6 商用交流
  1.1.7 回路図
  1.1.8 三相交流
  1.1.9 変圧器
  1.1.10 電圧計・電流計・検流計
  1.1.11 基板
  1.1.12 電気による事故
  1.1.13 医用機器の安全対策
1.2 抵抗
  1.2.1 電気抵抗とは
  1.2.2 合成抵抗と電流・電圧の計算
  1.2.3 キルヒホッフの法則
  1.2.4 ホイートストン・ブリッジ
  1.2.5 ジュール熱
  1.2.6 コンダクタンス
  1.2.7 電池の内部抵抗
1.3 コンデンサ
  1.3.1 コンデンサの原理
  1.3.2 コンデンサの接続
  1.3.3 コンデンサの蓄積エネルギー
  1.3.4 コンデンサと交流電圧
1.4 コイル
  1.4.1 コイルとは
  1.4.2 コイルと電磁石
  1.4.3 電 磁 誘 導
  1.4.4 自己誘導と相互誘導
  1.4.5 コイルと交流電圧
1.5 CR回路
  1.5.1 CR直列回路の記述
  1.5.2 CR回路のR端子の応答特性
  1.5.3 CR回路のC端子の応答特性
1.6 LR回路
  1.6.1 LR直列回路の記述
  1.6.2 LR回路のL端子の応答特性
  1.6.3 LR回路のR端子の応答特性
1.7 LC回路
  1.7.1 LC直列回路
  1.7.2 LC並列回路
  1.7.3 LCフィルタ回路
1.8 RLC共振回路
  1.8.1 RLC直列回路
  1.8.2 RLC並列回路
  1.8.3 共振回路の応用例
実習の準備
実習1 テスタの使用法
実習2 医用機器の安全
実習3 脈波の測定
実習4 CR回路の特性

2章 電子回路の基礎
2.1 ダイオード
  2.1.1 半導体とは
  2.1.2 ダイオードとは
  2.1.3 ダイオードの動作原理
  2.1.4 PN接合のもつコンデンサの性質
  2.1.5 ダイオードを用いた整流回路
2.2 トランジスタ
  2.2.1 トランジスタとは
  2.2.2 トランジスタの動作原理
  2.2.3 トランジスタの特性
  2.2.4 等価回路を用いたトランジスタ回路の解析
  2.2.5 利得の単位
  2.2.6 電界効果トランジスタ
  2.2.7 トランジスタの利用法
実習5 ダイオードの特性
実習6 トランジスタの静特性
実習7 トランジスタによる増幅器の設計

3章 オペアンプ
3.1 オペアンプの基礎
  3.1.1 オペアンプとは
  3.1.2 差動増幅回路
  3.1.3 オペアンプの表記
3.2 オペアンプの基本特性
  3.2.1 オペアンプの特性
  3.2.2 オペアンプの出力電圧
3.3 オペアンプを使用する基礎回路
  3.3.1 反転増幅回路
  3.3.2 非反転増幅回路
  3.3.3 微分回路
  3.3.4 積分回路
  3.3.5 加算回路
  3.3.6 減算回路
  3.3.7 整流回路
  3.3.8 ボルテージホロワ回路
  3.3.9 増幅回路の増幅率の調整法
実習8 オペアンプを用いた演算
実習9 差動増幅器における同相弁別比の測定

4章 ゲート回路と論理演算
4.1 論理演算と回路
  4.1.1 論理回路と電子回路
  4.1.2 論理の基礎
4.2 論理演算と電子回路
  4.2.1 AND演算
  4.2.2 OR演 算
  4.2.3 NOT演算
  4.2.4 NAND演算
  4.2.5 NOR演算
  4.2.6 EXOR演算
  4.2.7 EXNOR演算
  4.2.8 論理回路の組み合わせ
4.3 ブール代数
  4.3.1 基本定理
  4.3.2 基本公式の応用例
4.4 演算回路の構成
  4.4.1 論理回路による演算
  4.4.2 半加算器
  4.4.3 全加算器
  4.4.4 加算器の構成
4.5 フリップフロップ回路
  4.5.1 R-Sフリップフロップ
  4.5.2 Tフリップフロップ
  4.5.3 Dフリップフロップ
  4.5.4 J-Kフリップフロップ
  4.5.5 2進カウンタ
  4.5.6 10進カウンタ
4.6 マルチバイブレータ
  4.6.1 無安定マルチバイブレータ
  4.6.2 単安定マルチバイブレータ
4.7 シュミット・トリガ回路
実習10 組み合わせデジタル回路の性質
実習11 マルチバイブレータの基礎
実習12 シュミット・トリガ回路の基礎

付録
国家試験のための医用工学演習問題
医用工学演習問題解答
国家試験案内
参考文献
索引

関連商品

バーチャルリアリティにおける力覚表示とその応用

  • ISBN:978-4-320-12236-9
  • 判型/ページ数:A5 / 238ページ
  • 発行年月:2011年11月
  • 本体価格:3,200円

バーチャルリアリティにおける力覚表示の応用として,仮想空間内において,ハサミ・ナイフ・ノコギリによる切断(変形・破壊)のメカニズムを,医用理工学を例にして実験装置を作成しながら解説した。これからの医学・・・

バーチャルリアリティにおける力覚表示とその応用 書影
バーチャルリアリティにおける力覚表示とその応用