アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

土木計画序論―公共土木計画論― 

書籍情報
ISBN978-4-320-07312-8
判型A5 
ページ数346ページ
発行年月1972年04月
本体価格4,400円
土木計画序論 書影
土木計画序論

本書は,著者の実務経験から土木工学体系の新しい展望を示すとともに,土木計画学の存在とその位置づけを明らかにした。

目次

1章 公共土木計画の事例

2章 公共土木計画論の範囲

3章 土木事業と社会資本形成

4章 計画の動機づけ

5章 問題の発見

6章 計画の分析

7章 計画の決定

8章 公共投資と総合開発計画