環境システム―その理念と基礎手法― 

書籍情報
ISBN978-4-320-07379-1
判型A5 
ページ数296ページ
発行年月1998年04月
本体価格3,800円
環境システム 書影
環境システム

主に土木・建設系を対象に,自然現象と人間社会システムとの複合した総合システムとして環境をとらえる観点で,環境システムの基本事項から地球規模の環境問題や経済影響なども含めて概説。

目次

第1章 環境システムを学ぶ視点
1.1 環境問題とは何か
1.2 環境問題はなぜ生じたか
1.3 対応の経緯
1.4 環境システムとは何か
1.5 環境問題を論ずるフレームワーク

第2章 環境と人間・社会
2.1 自然環境システムと人間活動
2.2 環境と社会経済システム
2.3 自然と人間の共生
2.4 都市における環境と人間

第3章 環境システムの解析と評価
3.1 環境システム分析の手順と体系
3.2 環境情報と環境指標
3.3 モデリングと将来予測
3.4 環境の経済分析
3.5 環境社会システム分析

第4章 環境管理のための社会システム
4.1 環境管理の理念,目標,手法
4.2 環境計画
4.3 持続可能な社会を支える各種主体の役割
4.4 国際的な取り組み

第5章 環境保全・創造の技法
5.1 都市環境デザイン
5.2 開発事業と環境アセスメント
5.3 環境リスクの管理
5.4 環境と技術