海洋環境学―海洋空間利用と海洋建築物― 

書籍情報
ISBN978-4-320-07401-9
判型A5 
ページ数184ページ
発行年月1999年01月
本体価格2,500円
海洋環境学 書影
海洋環境学

海洋空間の特長を広範にかつ平易に解説し,海洋構造物の研究,海洋開発に関する入門書的教科書。

目次

第1章 海洋空間利用の経緯・理念
1.0 はじめに
1.1 宇宙・地球・そして海の誕生
1.2 海と人類
1.3 海洋開発の歴史
1.4 海洋空間利用と海洋空間資源論
課題
参考文献

第2章 海洋環境の基礎と計測
2.1 地球と海洋
2.2 海洋の物理現象
2.3 海水の性質
2.4 海洋生物 課題 参考文献

第3章 海洋環境と環境調査
3.1 地球環境と海洋法
3.2 環境論理と工学論理
3.3 海洋の環境特性
3.4 水質環境
3.5 底質環境
3.6 生物環境
3.7 海洋環境影響評価とミチゲーション
3.8 ミチゲーションとは
課題
参考文献

第4章 海中環境と人間
4.1 海中環境と潜水
4.2 潜水生理
4.3 海洋視環境
課題
参考文献

第5章 海面水位上昇と沿岸域管理
5.1 海面水位上昇の問題
5.2 海面水位上昇の実体
5.3 海面水位上昇がもたらす影響
5.4 沿岸域管理と国際協力
課題
参考文献

第6章海洋環境と海洋建築物
6.1 海洋建築物の定義
6.2 構造形式と自然環境条件
6.3 風と風荷重
6.4 波と荷重
6.5 海流・潮流と流体力
6.6 地震と地震荷重
6.7 氷と氷荷重
課題
参考文献

索引